サイドスタンドがアスファルトに埋まる、サンクス津久井宮が瀬の駐車場

ふれあいの館近くにあるサンクス津久井宮が瀬の駐車場で、バイクの駐車スペースの地面がボコボコなことに気が付きました

IMG_4223

IMG_4225

これは熱でアスファルトが柔らかくなり、バイクのサイドスタンドが埋まった跡です
サイドスタンドが埋まってしまうと、最悪の場合バイクが自然に倒れてしまいます
コンクリートは熱で柔らかくなるこはないのですが、アスファルトは熱で変形しやすいので重量のあるバイクの方は注意してください

これを防ぐ方法としては、サイドスタンドと地面の間に板状の物を挟み設置面積を増やします
具体的には空き缶を潰した物をサイドスタンドの下に敷いたり、木材や鉄板などを敷いてからサイドスタンドを使用します

バイク用のスタンドホルダーという物も売っています
管理人も持っているのですが、紐が付いているタイプがとても便利でお勧めです

何故紐付きが良いのかと言えば、出発する際に
バイクに跨がる→サイドスタンドをはらう→紐を使ってバイクに跨がったままスタンドホルダーを回収が出来るからです
スタンドホルダーの回収が楽なのと、回収を忘れてしまうことが無いからです

アスファルト以外でもぬかるんだ土の場所などで活躍します、キャンプツーリングをする人は持っていると役に立つと思います

サンクスの穴はそこまで深いものは無かったので、バイクが倒れる程ではないかもしれませんが念のために注意してください


「サイドスタンドがアスファルトに埋まる、サンクス津久井宮が瀬の駐車場」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。